帝塚山学院大学大学院のオープンキャンパスに行ってきました。

帝塚山学院大学大学院の特徴をまとめると、

  • 専門職大学院なので実習多め
  • 専門職大学院なので臨床心理士試験の一部が免除される
  • 社会人入試は心理学専門+面接(英語なし)
  • 社会人入試には受験資格が必要

専門職大学院なので実習多め

帝塚山学院大学大学院は、全国にも少ししかない、専門職大学院です。
他の大学院とは違う感じです。

大学院に入ると5月か6月ごろから実習が始まり、週3ぐらいで実習があります。

実習と授業で1年生から結構忙しいイメージです。

専門職大学院なので臨床心理士試験の一部が免除される

帝塚山学院大学は専門職大学院なので、修士論文がありません。
修士論文の代わりに「事例研究総括レポート」というのを提出するようです。

研究というより、実習、実践ですね。

社会人入試は心理学専門+面接(英語なし)

帝塚山学院大学の社会人入試は、英語の試験が免除されます。

社会人入試の試験科目は、

  • 心理学専門
  • 面接

となります。

しかし、帝塚山学院大学の社会人入試には受験資格が必要です。

社会人入試には受験資格が必要

帝塚山学院大学大学院の社会人入試を受けるためには、条件に当てはまる必要があります。

  • 大学卒業後、3年以上の心理関連業務についていること

自分の職業が心理関連業務かどうかがわからない場合は、オープンキャンパスなどに行って、職業の内容を申請することで審査してもらえます。

私はWEBディレクターなので当然、社会人入試の受験資格はありませんでした。