久しぶりにワードプレスにログインしたら、何やら警告らしき文字が・・

「PHP update required」

PHPをアップデートしてください・・?

まりまり

こんな文字列、初めて見た・・

6年前ぐらいにワードプレスで作ったウェブサイトですが、あまり更新することなく放置していましたが
ちょっと手直ししてみるか!と思い立ってログインしてみたところ、PHPをアップデートしろと。

PHP update requiredを調べてみた

PHP update requiredと表示された下あたりに「learn more」というテキストリンクがあったので、とりあえずクリックしてみました。
するとワードプレスのヘルプページに飛ばされました。

どうやらPHPのバージョンが古すぎるため、新しいバージョンにしないと、ワードプレスに必要な更新すらできないとのこと。
そのためにはPHPファイルに修正を加えて、アップデートしなければならないとのこと。

まりまり

・・PHPワカラナイ

昔、PHPファイルを触ろうとしたことがあったのですが意味不明読解不能だった記憶しかありません。

昔は昔、今は検索能力もスキルアップしていることだし、Googleで調べてみよう!
ということで「PHP update required」と調べてみました。

すると、「簡単にできる!PHPのアップデート」みたいな記事を見つけました。

まりまり

簡単にできるのね。良かった!

と安心したのも束の間。

PHPファイルのアップデートは意味不明

「PHP update required」と調べてたどり着いた記事によると

  1. サーバーからPHPファイルをダウンロードする
  2. PHPファイルに〜〜〜〜〜を書き加える
  3. サーバーにPHPファイルを戻す

こんな手順でPHPを書き換えるらしいのですが、

まりまり

PHPワカラナイ怖い

PHPファイルをダウンロードするまではできたとしても、正しく書き加えることができるか自信がないし
PHPはワードプレスにとってかなり重要なファイルなので、とにかく触るのが怖いです。

エンジニアの人とかでPHP大好き!とかだったら大丈夫だと思うのですが、私は(素人からは)パソコン好きと思われていますがマーケティングやデザインが好きなだけの人間なのでPHPを触るのは無理だと思いました。

エックスサーバーならボタン1つでできた

困り果てていたところ、サイト作り友達から耳より情報を教えてもらいました。

「エックスサーバーなら、ボタン1つでPHPのアップデートができるよ!」

まじか!

ということでエックスサーバーにログインしてみました。

まりまり

まじで簡単にPHPアップデートできた・・

PHP update requiredとなったら

PHPのバージョンを切り替えるボタンがあるので、そこからアップデートします。

バージョンを選ぶのですが、エックスサーバーが「推奨」としてくれているものを選べばいいだけなので簡単でした。

私は最新のバージョンにアップデートしました。

再度、ワードプレスにログインすると、ワードプレス自体も更新できるようになっていたしプラグインたちも更新できるようになっていました。

めでたし、めでたし。