まりまり

私は現在、インターネット集客を専門に、実店舗のトータルプロデュースをしています。

ウェブマーケティングを学んだのはアフィリエイトでした。
パワートラベラー実践会というオンラインスクールでアフィリエイトを学びました。

  • パワートラベラー実践会って?
  • どんなオンラインスクールなの?
  • 教えてくれる先生はどんな人なの?

パワートラベラー実践会について詳しくは下記のページにまとめています。

今回は、パワートラベラー実践会でアフィリエイトを学んだ私が、どのくらいの期間で成果を上げられるようになったのか、また成果を上げられるようになった理由を紹介してみます。

パワートラベラー実践会に入って卒業するまで

2016年11月にパワートラベラー実践会に入会し、2019年3月に卒業しました。

0の状態から月18万円を達成するまではこんな感じでした。

  • 2016年9月 マニュアル購入
  • マニュアル見ながら1サイト作ってみた
  • マニュアル見ながらもう1サイト作ろうとしてみた
  • 2016年11月 パワートラベラー実践会に入会
  • 2016年12月 初報酬3000円
  • 2017年1月 出産など
  • 2017年4月 シェア会があることを知り、何がなんでも100記事書いた
  • 2017年5月 初めてシェア会に参加
  • シェア会後にサイト作成意欲が燃えてきた
  • 個別相談会に申し込めたので相談
  • 阪口さんにゴーサインをもらった企画Aで毎日1記事をノルマにする
  • 2017年12月 企画Aのサイトで初報酬4000円
  • 2018年7月 企画Aのサイトで報酬7万円ぐらいになる
  • 旦那の仕事に関するサイトを作ってみたけど収入につながらず諦める
  • 2018年8月 新しいジャンルのサイトBを作り始める
  • 2018年9月 サイトBが100記事超えたので阪口さんにみてもらうも「うーん・・良くないですね」と言われてショックで寝込む
  • ちょっと泣いてからすぐ別のサイトCに取り組む
  • 2018年12月 サイトCが180記事になったのでメンバーさんに見てもらい「これは報酬上がりそう!」と褒められる
  • サイトBの報酬が2万円ぐらいになる
  • サイト作りがひと段落したので旦那の仕事に関するサイトにリベンジし始める
  • リスティング広告の勉強を始める
  • 2019年1月 インターネット広告に挑戦
  • 2019年3月 アフィリエイトサイトとインターネット集客による収益が26万円を超える
まりまり

最後の方、はしょりすぎですよね。

書いているうちに面倒になってしまいました。

アフィリエイトサイトを作りながら、ウェブマーケティングを学び、実業に結びつけられたのが収益を大きく伸ばせた要因です。

アフィリエイトサイトで収益を上げられなかった頃に、旦那の仕事に関するサイトを立ち上げてみたものの、うまくいかずに頓挫しています。

アフィリエイトで月10万円ぐらい稼げるようになってから、やっぱり大きく稼げるような気がして、旦那の仕事に関するサイトにリベンジしました。

わかりやすくするために「旦那の仕事」と書いていますが、名義が旦那の名前であるだけで、販売する商品の内容を作ったのも、集客するためのサイトを作ったのも、問い合わせから成約につなげる動線を作ったのも、私です。

「旦那の仕事」って書いてる私が悪いんですが、会うひと会う人に

「旦那さんのお手伝いしてる人ですよね!」

って言われるの、モヤモヤしています。

まりまり

私自身も、最初は「手伝い」のつもりだったんで、悪いのは私です。

実業とウェウマーケティングが予想と同じぐらいマッチして、今や我が家の大黒柱的事業になったので、もはや私は手伝いではない。(自分に言い聞かせてる)

パワートラベラー実践会を卒業できた理由

物理的に卒業できた理由というのは、たまたま持っていたビジネス(稼いでいない)とウェブマーケティングを結びつけることができて、稼げるビジネスを作り上げることができたことです。

でも最初からビジネスを作って稼ごう!とか思っていたわけではありません。

  • アフィリエイトで収入を得たいのでサイトを作ることをやめなかった
  • お小遣いを増やすためにウェブライターの仕事も受けた
  • 旦那の仕事は家族を養うために必要なので疎かにしなかった
  • 何か稼げるものはないか?と常にアンテナを張りまくっていた
  • 得意なことを活かして自宅で教室を開催してみた
  • DTPデザインソフトを買って印刷物の仕事も受けてみた

こんな感じでいろいろな可能性を探しながら生きてきました。

目の前のやるべきことを一生懸命にやっていくうちにスキルアップして、収入を伸ばすに至れたと思っています。