すごい目標を思いついたので、忘れないようにブログに残しておきます。

実は昨日、RISEという格闘技イベントに行ったんですが。

(RISE公式サイト https://rise-rc.com/event/rise_ws2021osaka2_Event-Info参照)

RISEという格闘技イベントは、キックボクシングみたいな感じの、見ていてスカッとする感じのイベントで←語彙力の限界

照明とか音響とかもすごくて、とにかくすごいイベントでした。

試合が始まる前に、メインの選手(原口健飛さん)とかの意気込みを収録した映像が流れたんですが、それに感動してしまって。
うろ覚えなんですが

「試合でどうなるか、知りたい。勝つかもしれないし、殴られて飛んでるかもしれない。そのワクワクが、”格闘技で生きてる”って感じです」

みたいな内容でした。

ちょっと私の文章からは感動の1億分の1も伝わらないと思うし悔しいんですが、彼らが命懸けっていうことがヒシヒシと伝わってきて。

RISEに出場している選手たちみんなそうだと思うんですが、格闘技に一点集中しているんだなぁって、なんか感動したんです。

私は何かに”命懸け”って言えたことが、おそらくなくて。
昔から大体のことは何でも平均点以上にできてしまって、うまくやり過ごせてしまうので、命懸けで何かに取り組んだ経験がないです。
パワートラベラー実践会を卒業したい一心の時はまぁまぁ頑張ってたか、人生で一番頑張ってたかもしれないですけど、”命懸け”とは違うし。

RISEの選手たちが格闘技だけに集中してる姿って、めちゃくちゃ尊いなって感動したんです。
RISEの大舞台の、この日のために何ヶ月も練習してきて、仕上げてきたって思うと、また感動して。

選手の応援チケットでSRS席を購入したんですが、近くで見れて、選手の気迫みたいなのがすごい伝わってきて。
この日のために鍛錬してきたんだなぁって尊敬するし、だからと言って絶対に勝てるわけじゃない、儚さみたいなのも、なんかグッときました。
対戦なので、一人が勝てば、もう一人は負けるわけです。

真剣勝負なので、どんなに強くても、集中力が切れた瞬間にやられてしまうかもしれないし、油断した一瞬に倒されるかもしれない。
そこに面白さを感じて人生を懸けに行ってるんですね。

とにかく感動しました。

とある選手の応援チケットとしてSRS席を買ったわけですが、もっと応援したくなりました。

はい。私の目標。
格闘技イベントを開催する。

今回お邪魔したRISEは、サイゲームス(サイバーエージェントのグループ会社)という大手の企業が開催しているそうで。
格闘技のイベント自体、やって儲かるとかはなさそうなので、サイゲームスという超大手の企業が主催している理由は重役の中にキックボクシングのファンがいるのかな??とか思いますが。

で、このイベントにいったいなんぼの費用がかかるんやろう??と思い調べてみました。

格闘技イベントを1回開催するのにいくら必要なのかわかっておいた方が、目標が現実になるスピードが違ってくるはず。

イベント開催に必要な費用

  • 会場費
  • スタッフの人件費
  • 広告宣伝費
  • 企画費用
  • 機材リース費用
  • 警備費用

会場は、大阪府立体育館の場合は、休日に有料イベントを開催したら前日準備と合わせて300万円ほど。
スタッフの人件費は、チケットの確認係だけでも10人ぐらい必要でしょうし、会場内の案内係も10人ぐらい(?かなりざっくり)、アリーナ席の見張り番に10人で、誰でもできそうな仕事だけで30人×日当2万円=60万円
司会進行、実況2人、リングコールの人(?)は人件費高そうなので謝礼3万円で見積もって4人×3万円=12万円
ラウンドガール7人×謝礼2万円=14万円
企画費用は運営会社に外注するとして、いくらやろ?未知の世界。
あと、試合を動画にして配信したいから撮影と編集を知り合いの会社さんにお願いして、めっちゃ安くできたとして50万円。これは次回開催のための宣伝費にもなる。
それと、メイン選手の撮影費用。これも静止画と動画と、編集費用で50万ぐらい?
格闘技イベントなので、機材リースの中にリングも必要。1日7万円ぐらいでレンタルできるらしい。事前準備も含めたら10万円ぐらい?
あとは何をレンタルするのかな。これから格闘技イベント行くたびにチェックして情報収集していこう。
私が目指してる格闘技イベントでは、スターになりたい選手に出場してほしいから、警備も必要。警備員10人×5万円=50万円

ここまでで550万円と、企画会社の未知の外注費。100万円ぐらいかな?

そうや。ファイトマネーや。100万円??やと少ないよな・・

那須川天心レベルで1000万円らしいbyネット情報

でもファイトマネーはケチったらあかんと思います。
でも何事も段階を踏んでやっていくのが良いと思うので、
メインの選手 100万円×2人=200万円
サブ5組(てきとう) 50万円×2人×5組=500万円
サブ・サブ5組(てきとう) 10万円×2人×5組=100万円
前座3組(てきとう) 5万円×2人×3組=30万円
の合計830万円!!

初回はこれぐらいで、次回はメイン選手のファイトマネーを上げていって、ドリームにしていく感じで。

設営の費用が650万円、ファイトマネー(初回)830万円。
初回の格闘技イベント費用は1480万円。

なるほどです。

回収としては、2回席チケット5000円が何枚売れるかな・・
アリーナ後ろの方1万円は?
アリーナ前の方3万円は?
VIP席10万円は?

という感じで回収していくことになると思いますが、彼らの夢を応援したいし、ドリームつかみに行ってるみたいな燃えてる人を間近で見たいというのがそもそもの目的なので、費用回収!とかはヤッキにならずにできたらなぁと思うし、費用回収することに必死になったらイベントを楽しめないと思うので、お小遣いでできる範囲でやりたいなって思います。

おこづかい1000万円になったら、おこづかい2ヶ月貯めて格闘技イベントやれるってわかりました。

いつになるかわかりませんけど。